今こそ「西郷どん」 ~「賊」だからこそわかる気がする~

2018年の大河ドラマは「西郷どん」。

我がまち延岡は、遠藤周作の小説「無鹿」などでも取り上げられているように、西南の役で薩軍が最後の組織的戦闘を行い、敗れた西郷隆盛が陸軍大将の軍服を焼き、軍を解散した所であり、延岡市北川町には「西郷隆盛宿陣跡資料館」があります。

45427af2170018821_1

saigou

また宮崎県内各地にも西郷隆盛ゆかりの場所があります。

 

ちなみに、私の事務所のすぐ傍には政府軍のトップだった山縣有朋の指揮所跡もあります。

kasiyama

大河ドラマをきっかけに、全国の多くの人に宮崎県、そして延岡市に来てほしいと思います。

地元としては、早急に誘客対策を実行していく必要があると思います。

 

 

そして、さらに、私は、単に観光として全国の人に来てもらうだけではなく、

西郷が命を捨てた西南の役とは一体どんな意味があったのか?

西郷は何を憂い、何に怒っていたのか?

なども考えるきっかけになればと願っています。

 

 

西南の役は我が国での最後の内戦です。

なぜ、明治維新の中心人物が、明治維新の結果誕生した新政府に対して反乱を起こしたのでしょうか?

これを考える上で参考になると思われるのが、長州の白石正一郎という人のエピソードです。

白石正一郎は下関の豪商で、高杉晋作の改革に全面的に協力し、そのために事業は破産し、破産後は赤間神宮の宮司になったそうですが、維新後の政府について「こんなはずではなかった。もし高杉さんが生きていたらこんな政府にはならなかったはずだ。」と憂いていたと、司馬遼太郎がその著書で紹介しています。

明治維新で中心的な役割を果たした人たちが「こんなはずではなかった。」と考えたとは・・・一体どういうことなのでしょうか?

 

 

単に主流になれなかった人達のねたみ・ひがみ・不満と片づけるのは早計だと私は思います。

 

 

西郷隆盛というと、ともすれば、無謀な征韓論を唱えた時代遅れの人とか、不平士族の情に流された人、などといったイメージで語られることもあります。

しかし、私は、西郷隆盛は、いわば「徳治主義」の政治を目指し、大久保利通などの「官治主義」の行く末を憂い、本来のあるべき政治を取り戻そうとしていた人なのではないかと思っています。

西郷隆盛は二宮尊徳の地域再生の行政にも深い関心を持っていたそうです。

戊辰戦争の後、西郷は我が国に二宮尊徳のような政治・行政を広めようとしていたのではないかと私は思います。

 

 

二宮尊徳の言葉で、例えば次のような言葉を考えると、西郷の目指していた政治がどのようなものか、わかるような気がします。

「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。」

「奪うに益なく、譲るに益あり。」

 

 

明治維新が成就した後、「官軍」の側の人間の中には、贅沢な暮らしをし、権限を濫用し、汚職にまみれていた者がたくさんいたことが当時のいろいろな事件からうかがえます。

「多くの志士はこんな世の中をつくるために命を捨てたのではない。」西郷の怒りや絶望は私にもわかる気がします。

西郷は、若い頃、薩摩藩の吏員として上司の賄賂等を憎み抗議行動を起こしたこともあるのです。

 

また、重大な決断を何度も行ってきた西郷は、きっと幕末のことを振り返っては、「自分の決断の結果、多くの人命が失われたが、それは国づくりの大義のためにはやむを得なかった。」と自らに言い聞かせてはいたものの、明治になってからの政治の卑しさ、大切なことをないがしろにした上っ面だけの政治に強い怒りを抱いたものと思います。

 

さらに、近代化の名の下に、日本の過去のすべてを否定し、西洋のものまねを良しとする風潮。

その風潮に乗っかった政治・行政。

江戸時代の各藩の自立性・いわば地方自治も明治の中央集権主義により失われていきました。

 

また、武士道や薩摩の郷中教育で育まれてきた「弱い者いじめはいけない」「うそをついてはいけない」などの考え方をなおざりにする風潮。

人としての徳を高めるよりも、西洋の技術を真似し取り入れるための勉強こそが学問であるかのような風潮。

 

当時のこれらの風潮に西郷は強い危機感を持っていたはずです。

だからこそ、西郷は、ふるさとに戻って、次世代の学びの場「私学校」での人づくりに力を入れようとしたのだと思います。

 

先の参議院選挙で「賊」だった私には、西郷が何を考えていたのか、少しだけわかるような気がしています。

 

皆さんが「こんな考えもあるのかな?」と思いながら宮崎県内の西郷ゆかりの地を周遊していただければうれしく思います。

 

効果的な起業促進策とは?

起業の多い・少ないを表す「開業率」という数字があります。

2014年の中小企業白書では、開業率の47都道府県の比較が出ていますが、どこの県が高いと思いますか?

20161019_214602

なんと、1位は沖縄県、2位は宮崎県です。

3位以降には、首都圏や関西圏、中部圏の都道府県が並びます。

起業を盛んにすることがこれからの経済再生には不可欠だと思いますが、我がふるさと宮崎県、また我が家の出身地・沖縄県は「起業先進県」として全国をリードしていると言って良いと思います。

私が公務員を辞めて起業したのも、ひょっとしたら「育ち」と「血」のなせる業かも知れません。

 

 

それはともかく、少し前(本年4月)の沖縄銀行調査月報の紙上で、私はいくつか起業促進策を提案しました。

doc01287020161019213113_001

 

私は沖縄銀行のおきぎん経済研究所のアドバイザーとして提言するという執筆依頼に基づいて本稿を書きましたので、タイトルは沖縄経済に関するものになっていますが、全国各地に関係する内容だと思っています。

 

 

フランスやドイツの助成制度も紹介し提案していますが、私は特に「兼業」の推進がポイントだと考えています。

これは自分の経験にも基づいています。

doc01287120161019213151_001

doc01287220161019213219_001

doc01287320161019213245_001

そして、地方自治体の促進策の一つとして、例えば起業真っ最中の人の中で、今後のお手本になってくれそうな人に、月額数万円程度で委託をして、自分の起業体験を赤裸々にレポートしてもらう(例えば金融機関との交渉の成功点・失敗点とか、顧客開拓の苦労、だまされた話、など)ことで、その人1人分の食費程度の経費をカバーしつつ、今後の「後輩起業家」の貴重な参考情報を提供してもらうという「現在&未来の起業家支援事業」というアイディアも披露しています。

 

 

「選択と集中」「コア・コンピタンス」といった、バブル崩壊後のビジネスモデルとやらで盛んに言われていた「強みに特化する」という発想はもう古いのではないか?

デフレ下の地方では、高付加価値商品を提供しようにも顧客が少ないので、高付加価値・高生産性のみを追求するのではなく、むしろ「あれもこれも」とシナジー効果のある複数の分野の取組みを並行して行い、一つ一つの利幅は小さくてもトータルで収益を上げていくという発想がむしろ必要ではないか?

一人ひとりの生きがい・やりがいのためにも「選択と集中」にこだわらない生き方がこれからは大事ではないか?

私はこう考えています。

 

 

 

「丸投げ地方創生」「上から目線地方創生」で良いのか?

最近の地方創生の動きに関し、いくつか意見や異論がある。

 

それは、まず、国の姿勢やマスコミの論調、有識者等の発言の中に「地方が怠けている」「頑張るべきは地方だけ」という先入観が感じられることである。

 

例えば地方における深刻な医師不足をどう解消していくかを考えたときに、医療サービスは地方自治体だけではどうにもならないという点を考える必要がある。

最近話題の「日本版CCRC」も地方が医師不足のままでは推進できないが、医療サービス提供の根幹となる診療報酬はもっぱら国が決める公定価格である。

これを地方ではどうにもできないため、例えば医師確保が困難な地域で開業を促す手段として活用することはできない。

そのような手段として活用できれば、地方の医師不足の問題と、都市部への患者集中による「3分間診療」(長時間待たされた挙句短時間の診察しかしてもらえない状況のこと)の問題とを両方解決でき、全国の医療サービスの向上に資することになる。

都立墨東病院の妊婦死亡事故を思い起こすと、医師の偏在は東京都内でも深刻な問題であり、国も地方もあらゆる政策手段を動員し力を合わせて問題解決を図る必要があるはずである。

国において、医師不足を解消するための取組みが本気でなされることと同時に、地方でのさまざまな努力が本気でなされ、そしてはじめて問題の解決が図られるのではないのか?

 

また、ハローワークは国の機関である一方、農林水産業の担い手確保に取り組んでいるのは主に地方自治体という現状の中、それぞれが十分連携していないため、地域の人々の暮らしをトータルで成り立たせるという視点がない。

ましてや、地域において人手不足にある業種の問題をも解決するとの「一石二鳥」の発想もないままである。

農林水産業の担い手確保の問題を考えたときに、特に中山間地など規模拡大が困難な地域では、大規模専業農家を想定するのは現実的ではない。

農林水産業だけでは食べていけないという現実の中で、他の仕事も兼業してトータルで暮らしを成り立たせ、耕作放棄地を増やさないようにするという視点が必要であるにもかかわらず、そのような施策はなかなか実施されない。

介護分野等人手不足の分野との兼業も視野に入れながら、トータルで暮らしが成り立ち、地域の産業も成り立つような「ジョブ・コンバイン」とでもいうような取組みや「生業組成」を行い、従事可能な第一次産業と他の産業の組み合わせをパッケージで提示していくことが必要である。

これも地方の自助努力だけでは実現できないのである。

 

さらに「先駆的な取組みに手厚い財政支援を行う」という点。

東京から見ると先駆的に見えなかったり、他の自治体と同じようなことをしているように見える取組みでも、実はその地域にとっては非常に大事なものもある。

しかも、すぐに効果は出なくとも粘り強く取り組み続けなければならない事業もある。

それなのに、それを、やれ先駆的だとか、先駆的でないとか、当事者でもない者がどうして言えるのだろうか?

本来、各地方自治体の事業の良し悪しは、住民自治の下、住民が評価検証すべきものであり、当事者でもない者が、評論家的・一方的・中央集権的に東京から評価する筋合いのものではないはずである。

また交付金の議論を見ていると、かつて苦労しながらも何とか制度を構築した「一括交付金」をなぜ一瞬のうちに跡形もなく粉砕したのかと、疑問や怒りが湧いてくるのを禁じ得ない。

一括交付金は確かに発足当初の評判は良くなかったが、自治、自立、自己責任、地方分権という意味では極めて重要な取組みであったはずであり、改善を重ねていくことで「真の地方創生」をもたらす原動力になったのではないか?と今でも私は考えている。

 

地方創生が大きな政策課題として扱われること自体は非常に良いことだと考える。

このようなことは「最後のチャンス」かも知れない。

しかし、当事者意識に基づかず、深刻な危機感のない、「丸投げ」的で「上から目線」的な発想・手法で行われる限り、所詮「いつか来た道」をまた辿るだけのような気がしてならない。

国が「当事者意識の欠如」を改めること。

そして「財源の地方分権(=住民主権)」に同時に取り組むこと。

それと同時に地方が死にもの狂いで取り組むこと。

これらが一体として行われない限り「真の地方創生」は実現しない。

 

地方創生のためには地方に小児科医を!

1月10日(土)の午後、こどもーるで「Dr.キッザニア in こどもーる」が開催されました。

主催は「宮崎県北の地域医療を守る会」で、延岡市も協力する形で開催されました。

最初に福田政憲事務局長が延岡の医師不足の現状などをこどもにもわかりやすくお話しされました。

20150110_133816 (2) (576x1024)

 

その後延岡市のゆるきゃら「のぼる君」と一緒に正しい手洗いの練習などをした後、こどもたちが、白衣を着、聴診器を持って「お医者体験」を行いました。

20150110_141810 (2) (576x1024)

医師不足の現状を認識した上で、何でもかんでもすぐ病院に行くのではなく、手洗いやうがいを日頃からきちんとしてお医者さんにかからなくても良いように自助努力をすることや、お医者さんに感謝すること、などの大切さを親子で学ぶ貴重なイベントでした。

20150110_145722 (2) (576x1024)

 

地方の医師不足は近年非常に深刻です。

医師研修制度が変わったことの影響がもともと大きいのですが、何といっても人口の定住は「医療」と「教育」が一番の決め手です。

特に手がかかる小児科医は極度に不足していて、例えば延岡市内では、持病を抱えておられる80歳近い小児科の先生が連日夜遅くまで診察を続けている深刻な現状があります。

昨年日本創成会議人口減少問題検討分科会が「消滅自治体リスト」を発表して全国に激震が走りましたが、同会は、特に子育て環境の整備が今後の地方にとって極めて重要であると提言しています。

この「宮崎県北の地域医療を守る会」のように、地方も自分達ができること・やるべきことは精一杯やっています。

下記の地元報道にもこのことが表れていると思います。

doc00786120150113233604_001 (2) (1024x724)

しかし個人や地方の自助努力だけでは問題は全然解決されません。

社会保障改革の観点から医療費の抑制は当然必要ですが、その中にあっても、診療報酬の面、地域医療の再編・再生の面、医師研修制度の面、など、あらゆる面から小児科を地方で確保できるための総合的な施策が至急実行される必要があります。

 

ところで、少し話がずれますが、最近悲しい話を聞きました。

ときどき、テレビなどで、

飛行機の中で急病人が出て、CAが「お医者さんはおられますか?」と機内放送をし、颯爽とお医者さんが登場し、皆が安堵する、

という場面があったと思いますが、最近は名乗り出ないお医者さんもおられるとか。

もし助からなかったときに責任を追及する風潮が強いからだそうです。

権利ばかり主張し、感謝の気持ちを忘れてしまっているということだと思います。

こういった現状を、「○○が悪い」と誰かのせいにしても、問題の解決にはなりません。

暗澹とした気持ちになり、何からどう手をつけて良いか、気が遠くはなりますが、私達は、ともかくも、今自分達ができることを一つ一つ全力で実行していきます。

 

メールマガジン「工都のべおか今昔物語」の創刊について

【JPEG版】工都のべおか今昔物語PRチラシ (2) (724x1024)

一般社団法人延岡観光協会では、全国の旭化成関係者等と地元の方々との人的ネットワークを新たな視点から構築することにより観光客を増やそうと、このたび、無料のメールマガジン「工都のべおか今昔物語」を創刊しました。

創刊号は下記をご覧下さい。また、下記サイトにてメールアドレスをご入力いただき、ぜひ読者登録をお願いいたします。

http://archive.mag2.com/0001646937/index.html

(インターネットで「工都のべおか今昔物語」で検索していただいても出てきます。)

 

延岡は旭化成発祥のまち。旭化成関係者はもとより、ものづくりに携わっている多くの方々やそのご家族等の「心のふるさと=原点」です。

このメールマガジンをきっかけに、全国の旭化成関係者等に、小さかった頃や若かった頃の自分、必死に頑張っていたあの頃、ご家族のさまざまな日々、懐かしい友達や街並み、お世話になった人などを思い出して、各自の「原点」を再確認していただくことにより、「あのときあれだけ頑張れたんだから、自分はこれからも大丈夫だ!」と笑顔や自信を取り戻し、新たな夢や希望に向かって前進していただきたいと考えています。

 

そして、多くの読者に「里帰り」をしていただきたいと考えています。

 

また、地元の方々にも購読、寄稿などをしていただき、双方向のネットワークを構築することにより、さらなる「里帰り」や長期滞在等につなげていきたいと考えています。

 

なお、今年末からPR活動がスタートし、地元新聞で早速下記のとおり報道されました。

doc00769820141226224007_001 (2) (724x1024)

 

来年1月19日に東京・帝国ホテルで開催される旭化成㈱社友会総会で本事業をPRする予定です。

今後の展開をお楽しみに!

 

地方でこそこどもたちの「生きる力」が育める

夏休みを迎え、「こどもーる」ではこどもたちがいろいろな体験を通して「生きる力」を身につけるプログラムを行います。

http://www.codomall.com/news/2014/07/post-21.html

その中で、県北・延岡の自然の中でこどもたちの「生きる力」を育むプログラム「自然体験&学びプログラム」は、地方でこそ大事なことが学べるということをよく表していると思います。

このプログラムは、「こどもーる」が、NPO法人ひむか感動体験ワールド(ノベ☆スタ)(理事長:高橋勝栄氏)のご協力をいただいて行いますが、全国トップクラスの水質を誇る日豊海岸と五ヶ瀬川を舞台に行われます。

海でのシュノーケリングや「川流れ」を体験し、また生き物観察を通じて生態系についても学びますが、それに加えて、危険な箇所はどこか、安全な箇所はどこか、危なくなったときにはどうすれば良いか、安全に楽しく遊ぶために何を気を付けるべきか、なども学びます。

危険なことから目をそむけるのではなく、危険なこととは何がどう危険なのか、危険な目に遭ってしまったときはどうするか、だから安全に遊ぶためにはどうすれば良いか、などを学んでもらいます。

これこそが「生きる力」だと思います。

こどもが成長していく中で、いつまでも大人がこどもを守り続けることはできません。

守るのではなく、ピンチのときにそれを乗り越える力を育むための環境・機会を提供してあげること、そしてこどもがピンチに陥らないようにこどもに成り代わってピンチの芽を摘むのではなく、ピンチのときはグッと辛抱してこどもの力を信じてジッと見守ること、実はそれが親の役目ではないかと思います。

自然の中で、親子共に、このような経験をすることが大事だと思います。

そして、このような経験は都会ではできません。豊かな自然が残っている地方だからこそできるのです。

地方にはそのような大事な役割があり、そして今その役割を実際に果たせるような仕掛け・仕組みをつくることが必要だと思います。

神話のふるさと・宮崎県北で、親子共に成長していただくことが、「天の岩戸開き」、日本の夜明けになると思います。

皆様ぜひご参加下さい。(下記の写真をクリックすると概要がおわかりいただけます。)

doc00549220140718220419_003 (2) (566x800)

 

 

民間同士の連携により全国向けの学び事業を実施

久しぶりの投稿になります。

こどもーるは、このほどNPO法人ひむか感動体験ワールド(ノベ☆スタ)と一緒に共同記者会見を行いましたが、その内容が次のように報道されました。

EPSON MFP image

 

 

この趣旨は、こどもーるとノベ☆スタが提携し、親子連れのお客様向けによりきめ細かいサービスを提供するとともに、全国の親子を対象に、自然体験とパッケージになった「アレーテこども未来研究所・特別講座」を来春開設するというものです。

延岡市は、市街地近くに超一級品の海、山、川が近接し合うという、極めて恵まれた環境にあります。

この自然の中、既にNPO法人ひむか感動体験ワールド(ノベ☆スタ)(http://www.nobe-star.com)が各種の体験プログラムを実施していますが、今後より多くの家族連れに全国から来ていただくためには、小さいお子様のいるご家族連れに対して、また雨天時等において、よりきめ細かいサービスを提供して、ご家族みんなに一層楽しんでいただくことが必要です。

 

また、延岡・県北の豊かな自然の中での活動を含め、当地で、これからの日本の将来を担うこどもが社会で真に活躍できるための「生きる力」や「リーダーシップ」を育むことで、延岡・県北が全国に貢献できます。

 

そこで、このたび、ノベ☆スタとこどもーる(㈱アレーテライフイノベーション)が提携し、以下のような新サービス、新事業を実施することにしました。

 

1.ノベ☆スタのプログラムに参加されるご家族は、お子様だけで、且つ利用時間制限なしで、こどもーるをご利用いただけます。(詳しくはご相談下さい。)

 

2.こどもーるで渡されるノベ☆スタの優待券付きガイドブックを持参の上、ノベ☆スタのプログラムに参加されると、一部サービスの料金割引や、お子様1人1人の写真のDVD無料プレゼントがあります。

 

3.こどもーるでは、既に「生きる力」や「リーダーシップ」を育む「アレーテこども未来研究所」を開設していますが、今後、来年春にも、ノベ☆スタの自然体験プログラムを組み込んだ3日間程度の「アレーテこども未来研究所・特別講座」を開催します。

我が国ではまだほとんど例がない、こども向けのリーダーシップ教育と自然体験プログラムを組み合わせたこの事業により、首都圏をはじめ県外から延岡・県北への新たな誘客の流れを創出します。

 

上記1.と2.については、こどもーるのホームページ(http://codomall.com/)のトップ画面の左下にある「自然体験&こどもーるパッケージツアー」をクリックしてご覧下さい。

ノベ☆スタの高橋勝栄理事長は、常々「全国の中から延岡・県北を選んでいただくためには、いわゆる「かゆい所に手が届く」きめ細かなサービスをいかに提供するかが大事だ」と言っておられますが、今回の提携により、延岡・県北の地が、全国の他の地域よりも、より安心・快適で家族みんなが喜べる場所になると確信します。

 

かつて幕末の時期、多くの志士たちは各地の「『知』の巨人」を訪ね歩き、これからの国の進路のみならず自らの生き方を必死に探りました。

当時「『知』の巨人」は江戸や大坂といった大都市だけには居らず、例えば吉田松陰は今の山口県萩市、山田方谷は岡山県高梁市、佐久間象山は長野県長野市、といったように、交通の便が決して良くない地方にも居ました。

でも、その不便をものともせず、志の高い人々は学びに行きました。

現代においても、「学び」のためには不便な所でも勇躍出向く人はたくさんいると思います。

通常の観光では、インフラの整った所で快適なサービスを享受するという形が望まれますが、「学び」の場合は、その内容に高い価値があれば、不便さやアクセスの悪さまでも、むしろ価値あるものになるかも知れません。

延岡・県北地域は今なお東九州自動車道が整備中であるなど(もうすぐ全通します!)、アクセス面では今なお大きな課題を抱えていますが、価値ある「学び」を提供することで全国から多くの人に来てもらいたい、いやそうなるはずだ、と私達は自信を持っています。

しかも、大都市圏からのアクセスの悪さのおかげで?手つかずのびっくりするような豊かな自然に恵まれています。

この天孫降臨の地にて、将来の日本を担うこどもの「生きる力」や「リーダーシップ」を育むことで延岡・県北地域が全国に貢献できるよう、全力で頑張ります。

皆様引き続きご注目下さい。

工業団地造成と企業誘致より、もっと重要なことがある

工業団地というものが、全国いたるところにあります。宮崎県内にもたくさんあります。
多くは、ガラガラに見えます。
 
なぜ、工業団地を作るのか。目的はいろいろありますが、メインは県外企業の誘致だと思います。
ではなぜ県外企業を誘致するのか。
「雇用を増やし、地域を豊かにしたいからだ」
と思います。
Continue reading

沖縄市の中心市街地活性化策にびっくり!

先日、岡山市の中心市街地活性化策について書きましたが、今度は沖縄県沖縄市の中心市街地活性化策もいくつか紹介させていただきます。

沖縄市では、なんと商店街の中に植物工場があります。

商店街とか中心市街地というと、通常は店舗以外のものを連想することはなかなか難しいと思いますが、まさかの植物工場の立地です。
Continue reading

岡山市の中心市街地活性化策に注目!

山陽新聞 2013/03/08

(↑をクリックして見て下さい)

先週、東京学芸大学の鉄矢悦朗研究室の皆さんに延岡市の中心市街地活性化策を提案してもらおうと、シンポジウム「商店街いいとこさがしby学芸大」を開催したことを書いたが、延岡市に限らず、全国の多くの地方都市では、中心市街地が空洞化し「シャッター通り」と化している。
Continue reading