社会構造が複雑化すると何が起きるのか - 拙著「新・日本通鑑2」より


 
その6では、「食の調達コスト」という言葉を何度か使用しています。
食の調達コストとは、何でしょうか。調達コストが増大すると、どのようなことが起きるのでしょうか。
 
食料を充分に確保できないと、田んぼや畑を切り拓くなどして食料の増産を試みます。あるいはより遠方に赴き大量の魚を獲得したり、動植物を捕らえます。
つまりこれが「食の調達コストの増大」です。
労働時間が増え、体力を余計に費すわけです。結果「余暇に回す時間や体力が減少し、社会における精神面文化面の発展が阻害されます。
Continue reading

自然に「食が不足しない状態」を保つのが望ましい - 拙著「新・日本通鑑2」より


 
その5より続きます。
 
 
話を縄文時代に戻します。縄文時代は何故、幸福で平和だったのでしょうか。
これは、繰り返しになりますが「衣食住の持続的確保」というのが、1つ目のポイントとなるでしょう。
 
今日の私達は、
食べ物はお金を出して買うもの
という常識に、完全に縛られています。
ですから、懐を痛めてお金を出し食べ物を購入することに、何の疑問も抱きません。またそのお金を得るため、必要以上の労働を余儀なくされることに全く疑問を抱きません。
Continue reading

「能力社会こそ善」というウソ - 拙著「新・日本通鑑2」より


 
その4より続きます。
 
 
学者先生方は、
「江戸時代は徳川家が『保身のために』厳格な階級社会を構築した」
と曰(のたま)います。しかしこれは半分誤り、残り半分がインチキです。
 
徳川家康は自らが苦労した戦乱の時代、下克上時代を省み、争いのない平和な社会を構築しようとしたに過ぎません。
Continue reading

「階級社会は悪」というウソ - 拙著「新・日本通鑑2」より


 
その3より続きます。
 
 
江戸時代についてもまた、私達はマルクス主義史観に基づく「虚構」を刷り込まれています。
江戸時代には、確かに「士農工商」という身分差がありました。しかしそこに、マルクス主義史観の言う「階級闘争」などほとんど存在しません。「士農工商」は、階級というより「区分」に過ぎないのです。
Continue reading

「衣食住」が満たされないから「争い」が生じる - 拙著「新・日本通鑑2」より


 
その2より続きます。
 
 
争いが生じる、平和が侵される最初の要因とは、
「衣食住、とりわけ『食』が不足、欠乏すること」
です。
「衣食住」とは即ち「生存の条件」を意味します。生存の条件が充分満たされないと、人は本能的に危機感を抱きます。そして危機感から逃れるために「争い」が生じるわけです。
 
「衣食足って礼節を知る」
という言葉があります。衣食住即ち「生存の条件」が満たされているからこそ、「礼節」を識るに至る。礼節を識るからこそ、無用の「争い」が減る。実に、理にかなった格言だと思います。
Continue reading

「平和である」ということ - 拙著「新・日本通鑑2」より


 
その1より続きます。
 
 
「平和」とは、なかなか奥の深い言葉です。概念です。
 
戦後日本は憲法に「平和主義」を掲げています。そして確かにこの70年、戦力による争いを一切起こしていません。ですので、
「日本においては平和が保たれている」
と言われれば、その通りかもしれません。
 
しかしその一方で、争いを徹底して避けるがため、譲歩につぐ譲歩を重ねています。
また、終戦直前に奪われた北方領土や戦後に奪われた竹島を、未だに奪還出来ていません。争いを避けるべく「問題を棚上げ」とした尖閣問題は、ここにきて再燃しています。従軍慰安婦問題しかり、です。
 
政治力に乏しく、欧米や周辺諸国に平身低頭。その癖、国際的な発言権を確保しようと、途上国には援助という名目で大金をばら撒き支持を取りつける。・・・・
こうして大いに国益を損ねています。
そういった日本の現状を見る時、本当に「平和だ」と言えるのでしょうか。
Continue reading

「和(やわ)す心」という社会思想 - 拙著「新・日本通鑑2」より


 
日本の歴史を眺めつつ感じるのは、
「太古の日本は極めて平和だ」
ということです。
 
他国の歴史書と大きく異なり、戦乱らしい戦乱の記述がありません
強いて挙げるとすれば、荒ぶる神スサノオが高天原で暴れまわった、とか、国譲りのエピソードにおいてタケミカヅチが、オオクニヌシの子タケミナカタと力比べを行い信州諏訪まで押し出した(笑)、といった程度です。
Continue reading

歴史に学べば解かる、「少子化は大問題」というウソ

昨今、右を向いても左を向いても、
「少子化は良くない」「少子化は大問題だ」
という意見ばかり耳にします。
 
本当でしょうか。
日本人全員、集団催眠にでもかかっているのではないでしょうか?(苦笑)
 
個人の、そして社会の究極の目標が、
「豊かに幸せに生きる」
ということであると仮定すると、実は人口増加にメリットはありません。
Continue reading

民間同士の連携により全国向けの学び事業を実施

久しぶりの投稿になります。

こどもーるは、このほどNPO法人ひむか感動体験ワールド(ノベ☆スタ)と一緒に共同記者会見を行いましたが、その内容が次のように報道されました。

EPSON MFP image

 

 

この趣旨は、こどもーるとノベ☆スタが提携し、親子連れのお客様向けによりきめ細かいサービスを提供するとともに、全国の親子を対象に、自然体験とパッケージになった「アレーテこども未来研究所・特別講座」を来春開設するというものです。

延岡市は、市街地近くに超一級品の海、山、川が近接し合うという、極めて恵まれた環境にあります。

この自然の中、既にNPO法人ひむか感動体験ワールド(ノベ☆スタ)(http://www.nobe-star.com)が各種の体験プログラムを実施していますが、今後より多くの家族連れに全国から来ていただくためには、小さいお子様のいるご家族連れに対して、また雨天時等において、よりきめ細かいサービスを提供して、ご家族みんなに一層楽しんでいただくことが必要です。

 

また、延岡・県北の豊かな自然の中での活動を含め、当地で、これからの日本の将来を担うこどもが社会で真に活躍できるための「生きる力」や「リーダーシップ」を育むことで、延岡・県北が全国に貢献できます。

 

そこで、このたび、ノベ☆スタとこどもーる(㈱アレーテライフイノベーション)が提携し、以下のような新サービス、新事業を実施することにしました。

 

1.ノベ☆スタのプログラムに参加されるご家族は、お子様だけで、且つ利用時間制限なしで、こどもーるをご利用いただけます。(詳しくはご相談下さい。)

 

2.こどもーるで渡されるノベ☆スタの優待券付きガイドブックを持参の上、ノベ☆スタのプログラムに参加されると、一部サービスの料金割引や、お子様1人1人の写真のDVD無料プレゼントがあります。

 

3.こどもーるでは、既に「生きる力」や「リーダーシップ」を育む「アレーテこども未来研究所」を開設していますが、今後、来年春にも、ノベ☆スタの自然体験プログラムを組み込んだ3日間程度の「アレーテこども未来研究所・特別講座」を開催します。

我が国ではまだほとんど例がない、こども向けのリーダーシップ教育と自然体験プログラムを組み合わせたこの事業により、首都圏をはじめ県外から延岡・県北への新たな誘客の流れを創出します。

 

上記1.と2.については、こどもーるのホームページ(http://codomall.com/)のトップ画面の左下にある「自然体験&こどもーるパッケージツアー」をクリックしてご覧下さい。

ノベ☆スタの高橋勝栄理事長は、常々「全国の中から延岡・県北を選んでいただくためには、いわゆる「かゆい所に手が届く」きめ細かなサービスをいかに提供するかが大事だ」と言っておられますが、今回の提携により、延岡・県北の地が、全国の他の地域よりも、より安心・快適で家族みんなが喜べる場所になると確信します。

 

かつて幕末の時期、多くの志士たちは各地の「『知』の巨人」を訪ね歩き、これからの国の進路のみならず自らの生き方を必死に探りました。

当時「『知』の巨人」は江戸や大坂といった大都市だけには居らず、例えば吉田松陰は今の山口県萩市、山田方谷は岡山県高梁市、佐久間象山は長野県長野市、といったように、交通の便が決して良くない地方にも居ました。

でも、その不便をものともせず、志の高い人々は学びに行きました。

現代においても、「学び」のためには不便な所でも勇躍出向く人はたくさんいると思います。

通常の観光では、インフラの整った所で快適なサービスを享受するという形が望まれますが、「学び」の場合は、その内容に高い価値があれば、不便さやアクセスの悪さまでも、むしろ価値あるものになるかも知れません。

延岡・県北地域は今なお東九州自動車道が整備中であるなど(もうすぐ全通します!)、アクセス面では今なお大きな課題を抱えていますが、価値ある「学び」を提供することで全国から多くの人に来てもらいたい、いやそうなるはずだ、と私達は自信を持っています。

しかも、大都市圏からのアクセスの悪さのおかげで?手つかずのびっくりするような豊かな自然に恵まれています。

この天孫降臨の地にて、将来の日本を担うこどもの「生きる力」や「リーダーシップ」を育むことで延岡・県北地域が全国に貢献できるよう、全力で頑張ります。

皆様引き続きご注目下さい。

東京学芸大の延岡での活動報告は「延岡こども未来研究所」をご覧下さい

このたびの東京学芸大学・鉄矢悦朗研究室の延岡での活動報告は「延岡こども未来研究所」のページで今後順次させていただきます。

↓をご覧下さい。

http://are-te.yomiyama.net/?cat=4

上のURL中の「are-te『アレーテ』」の意味もご覧下さい。

 

とても楽しく充実した3日間でした。