今こそ「西郷どん」 ~「賊」だからこそわかる気がする~

2018年の大河ドラマは「西郷どん」。

我がまち延岡は、遠藤周作の小説「無鹿」などでも取り上げられているように、西南の役で薩軍が最後の組織的戦闘を行い、敗れた西郷隆盛が陸軍大将の軍服を焼き、軍を解散した所であり、延岡市北川町には「西郷隆盛宿陣跡資料館」があります。

45427af2170018821_1

saigou

また宮崎県内各地にも西郷隆盛ゆかりの場所があります。

 

ちなみに、私の事務所のすぐ傍には政府軍のトップだった山縣有朋の指揮所跡もあります。

kasiyama

大河ドラマをきっかけに、全国の多くの人に宮崎県、そして延岡市に来てほしいと思います。

地元としては、早急に誘客対策を実行していく必要があると思います。

 

 

そして、さらに、私は、単に観光として全国の人に来てもらうだけではなく、

西郷が命を捨てた西南の役とは一体どんな意味があったのか?

西郷は何を憂い、何に怒っていたのか?

なども考えるきっかけになればと願っています。

 

 

西南の役は我が国での最後の内戦です。

なぜ、明治維新の中心人物が、明治維新の結果誕生した新政府に対して反乱を起こしたのでしょうか?

これを考える上で参考になると思われるのが、長州の白石正一郎という人のエピソードです。

白石正一郎は下関の豪商で、高杉晋作の改革に全面的に協力し、そのために事業は破産し、破産後は赤間神宮の宮司になったそうですが、維新後の政府について「こんなはずではなかった。もし高杉さんが生きていたらこんな政府にはならなかったはずだ。」と憂いていたと、司馬遼太郎がその著書で紹介しています。

明治維新で中心的な役割を果たした人たちが「こんなはずではなかった。」と考えたとは・・・一体どういうことなのでしょうか?

 

 

単に主流になれなかった人達のねたみ・ひがみ・不満と片づけるのは早計だと私は思います。

 

 

西郷隆盛というと、ともすれば、無謀な征韓論を唱えた時代遅れの人とか、不平士族の情に流された人、などといったイメージで語られることもあります。

しかし、私は、西郷隆盛は、いわば「徳治主義」の政治を目指し、大久保利通などの「官治主義」の行く末を憂い、本来のあるべき政治を取り戻そうとしていた人なのではないかと思っています。

西郷隆盛は二宮尊徳の地域再生の行政にも深い関心を持っていたそうです。

戊辰戦争の後、西郷は我が国に二宮尊徳のような政治・行政を広めようとしていたのではないかと私は思います。

 

 

二宮尊徳の言葉で、例えば次のような言葉を考えると、西郷の目指していた政治がどのようなものか、わかるような気がします。

「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。」

「奪うに益なく、譲るに益あり。」

 

 

明治維新が成就した後、「官軍」の側の人間の中には、贅沢な暮らしをし、権限を濫用し、汚職にまみれていた者がたくさんいたことが当時のいろいろな事件からうかがえます。

「多くの志士はこんな世の中をつくるために命を捨てたのではない。」西郷の怒りや絶望は私にもわかる気がします。

西郷は、若い頃、薩摩藩の吏員として上司の賄賂等を憎み抗議行動を起こしたこともあるのです。

 

また、重大な決断を何度も行ってきた西郷は、きっと幕末のことを振り返っては、「自分の決断の結果、多くの人命が失われたが、それは国づくりの大義のためにはやむを得なかった。」と自らに言い聞かせてはいたものの、明治になってからの政治の卑しさ、大切なことをないがしろにした上っ面だけの政治に強い怒りを抱いたものと思います。

 

さらに、近代化の名の下に、日本の過去のすべてを否定し、西洋のものまねを良しとする風潮。

その風潮に乗っかった政治・行政。

江戸時代の各藩の自立性・いわば地方自治も明治の中央集権主義により失われていきました。

 

また、武士道や薩摩の郷中教育で育まれてきた「弱い者いじめはいけない」「うそをついてはいけない」などの考え方をなおざりにする風潮。

人としての徳を高めるよりも、西洋の技術を真似し取り入れるための勉強こそが学問であるかのような風潮。

 

当時のこれらの風潮に西郷は強い危機感を持っていたはずです。

だからこそ、西郷は、ふるさとに戻って、次世代の学びの場「私学校」での人づくりに力を入れようとしたのだと思います。

 

先の参議院選挙で「賊」だった私には、西郷が何を考えていたのか、少しだけわかるような気がしています。

 

皆さんが「こんな考えもあるのかな?」と思いながら宮崎県内の西郷ゆかりの地を周遊していただければうれしく思います。

 

「人材とは?」

SCN_0024 (2) (452x640)SCN_0025 (2) (452x640)

国の政治・経済の話から会社の話、さらには地域のコミュニティ活動に至るまで、いろいろな課題について議論していると、「結局、要は『人』ですよね。」という結論が出ることが多いと思います。
そこで言う「人」とは、単に、専門的なスキルを身に付けている人なのかどうか、とか、どんな職歴・学歴の人なのか、などといったことなんかよりも、もっと根本的なもの、人としての真剣さ、ハート、さらには「魂」がしっかりしている人なのかどうか、が大事だということを言っている場合が多いと思います。

そういう意味での「『人材』とはいったいどういう人のことを言うのか?」という点について書いたエッセイが、沖縄銀行調査月報(3月号)の巻頭言に掲載されています。
ここに述べていることは、当研究会の理念とも共通するものです。

そして、「こどもーる」(http://codomall.com)の運営や、「アレーテこども未来研究所」など「こどもーる」が実施している諸事業のベースとなる考え方でもあります。
ご覧いただき、共感していただける方は是非ご連絡下さい。

 

 

 

 

「与え合うコミュニティー」の実現

SCN_0008 (2)

「こどもーる」(http://codomall.com/)では、去る1月31日にNPO法人つながり(代表者:小川敬之九州保健福祉大学教授)と共催で、「小川先生の脳と体の健康のお話・体操」プラス「ペットボトルで風車を作る」イベント「みんな集まれ!」を開催しました。

これは、「介護予防事業」と「こどもの『生きる力』を育む事業」を同一事業として実施したものです。

1回限りのイベントではなく、今後継続していく事業です。

IMG_2936 (2) (640x427)

CIMG2917 (2) (640x480)

petbottleflower (2) (480x640)

 

介護保険制度の改正により、これまでの「要支援」の方向けのサービスは、今後各市町村ごとの事業に移行する予定です。

これにより、現在は民間のデイサービス等で行われている「要支援」対象のサービスが、今後行われなくなる可能性があります。

「「要支援」の人向けのサービスをどうするのか?」、「効果的な介護予防事業が行われなくなれば、「要介護」に至る人が急増してしまうのではないか?」などの不安が高まる中、現在全国の市町村では、いろいろと模索・検討が行われています。

 

そのような中、私達は、高齢の方々が今まで培ってこられた「生き方」「大切なもの」をこどもたちに伝えていただき、一方でこどもたちは高齢の方に元気と笑顔を提供するという、「与え合う関係」を築くことが必要だと考えます。

さらに言えば、高齢の方々が退職後も引き続き社会に貢献する役割をしっかり担っていただく仕組みをしっかりつくることこそが、真の「介護予防」だと考えます。

しかも、高齢の方々に、現在危機が叫ばれている「家庭の教育力」や「地域の教育力」の低下を補っていただくことが未来への一番の貢献だと考えます。

 

ともすれば、介護保険の世界では、高齢者はもっぱら「サービスの受け手」としてのみとらえられがちです。

またこども・子育て支援の分野でも、こどもや子育て世代は「サービスの受け手」としてのみとらえられがちです。

でも、それぞれが、実は世のため人のためにできることがもっともっとあるはずです。

そして、人のために自分ができることをすることは、自らの自信と誇りにつながります。

このような自信と誇りを持てるようにする施策こそが、今の日本には最も必要なことだと思います。

 

デイサービスと保育園を一体的に整備して高齢者にも子供にも良い効果が出る取組みが「富山方式」と呼ばれていますが、九州保健福祉大学という、こどもの教育の分野も、高齢者福祉の分野も、ともに高度の専門性を持っている総合福祉大学が立地している宮崎県の県北地域において、私達は、『介護予防事業』と『こどもの「生きる力」を育む事業』とを大学・行政と連携して一体的に実施する取組みを「延岡方式」として、民間主導で取り組んでいきます。
それにより「こどもーる」を高齢者と子供が互いに「与え合うコミュニティ」にしていきます。

武士道の精神に学ぶ

20130309_151342 (600x800) (2)

3月9日、内藤記念館においての延岡史談会主催講演会に行ってきました。

20130309_151719 (600x800) (3) (1)

全日本剣道連盟居合道教士7段、夢想神伝流居合道延岡錬心会会長の黒木山雄講師の、波乱に満ちた人生と、非常識を常識に変えてきた自らの会社経営から得た貴重なお話を聞かせて頂き、これから会社経営に携わる私にとって、有難く有意義な時間となりました。
どんな講演会でもそうですが、それぞれ参加者にとって必要なことが心に響いたり、引っかかったりすると思っています。同じ講演内容でもそれぞれ受け取る側の都合で変わるものだと思っています。
私の心に響いたのは、
「非常識を常識に変える」「不可能を可能にする」「会社経営に参考書はない」
中でも、「豪者の剣に引かず」(どんなに強くて大きい相手でも相手から駄目と言われても絶対引かない)という、もう駄目だという自らの一番苦しい時に、一歩も引かずに何度も何度も行動し続け、とうとう大きな大きな壁に穴を開けた体験談は、私自身の経験とも重なり、とても感動しました。
やはり、剣の道・武士道というのは、会社経営や人生についても学ぶことが多いと思い、日本という国に生まれたことを本当に有難く思うとともに、このような日本の文化は、伝えていくことが大事だと改めて思いました。

20130309_151824 (600x800) (2)

講演の後、静思庵(同記念館庭園内)をバックに日本庭園で黒木講師が居合道をお披露目下さいました。初めて真剣でのまさに一刀両断を間近に見た私は、凛とした姿勢と空気まで変わるその想いに圧倒され、これからの人生にまた大事な教訓を頂けたように気持ちが清々しくなりました。

20130309_152315 (800x600) (2)

ちなみに、私たちの代表・読谷山洋司も多少剣の心得があるようですが、この切り口を見ただけでも、黒木氏の剣の腕前がいかに優れているかがわかると感銘を受けていました。

 

 

日本再生のカギは江戸時代の教育にあり

よく「明治の日本人は素晴らしかったけど、昭和の日本人はダメだった。」という意見を耳にします。

また、明治10年の西南の役にまつわる話が今なお残る延岡では、当時の延岡人の潔さなどが今も語り継がれています。

では、明治の日本人と昭和の日本人とは、どこが違うのでしょうか?
Continue reading

石の上に何年?

CIMG0354

東京学芸大学の鉄矢悦朗先生(東京学芸大こども未来研究所理事)と環境・プロダクトデザイン研究室の学生さん12名の延岡での「デザイン文化研修」が今日から3日間の日程で始まりました。

詳しい報告は後日させていただきますが、今日たくさんあった感動や喜び、発見の中で一つだけ記したいと思います。
Continue reading

ビジネスとは「アイデア」であり「創意工夫」であり「アレーテ」である

研究員の幸田蒼之助と申します。よろしくお願い致します。

幸田は宮崎県延岡市出身ですが、現在は県南みやこんじょ在住です。みやこんじょでは、先程市長選が実施されました。
その直前に、今回当選され市長となった池田たかひさ氏の、いわば地区決起集会に顔を出したのです。
Continue reading